ダンボールディスプレイの魅力トップ

ダンボールディスプレイの魅力へようこそ

ダンボールディスプレイの魅力へアクセスしていただき、ありがとうございます。

ダンボールディスプレイの魅力

展示台、陳列台、あるいは什器など呼び方はいろいろですが、基本的には商品を並べて配置することによりお客が手にとって購入しやすいような機能的でかつディスプレイとしての効果を期待するものが多くなっています。

見た目にシンプルですが、細かい部分でさまざまな配慮がなされています。

展示台の高さ、置き場のスペース、陳列する商品の大きさや形状、あるいは強度など考慮するべき点が数多くあります。

これを怠りますと、役に立たない展示台になってしまうのです。

最近では、広告媒体や企業、商品のイメージアップなどに利用されています。

ダンボールで出来たディスプレイは紙製ですからとても軽いのが特徴です。

アクリルや木材と比べますと、運搬や組立て、あるいは設置も簡単にできますから、店頭ディスプレイやセミナーのブースなどにはもってこいだと思います。

チップボードやMDFと同等の強度がありますが、1平方メートルあたり1.5kgと軽量ですから、他の素材と比べ輸送におけるコストや環境負荷を大幅に削減できるメリットがあります。

ダンボールディスプレイの魅力記事一覧

ダンボールディスプレイの魅力

ダンボールディスプレイとエコ

ディスプレイを可能にするダンボールの特性

ダンボールディスプレイのいろいろ

相互リンク集

運営者について

ダンボールディスプレイの魅力は、ダンボールディスプレイの魅力について掲載しています。

ピックアップ!:プラスチックダンボールとは

衝撃に強く、断熱効果、そして遮音効果に優れているプラスチックダンボールは、広い分野で活躍しています。・・・